「患難をも喜ぶ信仰」柳 鍾鉉牧師

聖書朗読: ローマ人への手紙 5章1~5節/ 開会の讃美歌:希望の讃美歌114(喜びたたえよ)/ 柳 鍾鉉牧師「患難をも喜ぶ信仰」
/ 閉会の讃美歌:希望の讃美歌258(ひとたびは死にし身も)

〈瞑想の言葉〉
信仰は手段であって、目的ではない―信仰は我々の救 いの根拠ではなく、素晴らしい祝福―見る目、聞く耳、走 る足、つかむ手である。もし、キリストが罪人を救うために  ご自分の命を与えられたのであれば、我々はその祝福を 受け取らないで良いであろうか。私の信仰はそれをつか み、こうして私の信仰は望んでいる事柄を確信し、まだ見 ていない事実を確認する。このようにして安んじ、信じ、 主イエス・キリストを通して神との平和を持つのである。
エレン・G・ホワイト『手紙』1905年