主のご再臨に 備えよう

 

 

 

 

 

 

 

 

聖書朗読 
ルカによる福音書 21章20~28節

頌栄    希望の讃美歌 1番
前祷  柳 鍾鉉牧師
開会の讃美歌 希望の讃美歌 15番
(み神の力を ともにうたえ)
祈祷   小林美智長老

礼拝前半
20180407reihai1.MP3
MP3 オーディオファイル 3.9 MB

 

 

 

 

 

 

特別讃美歌

特別讃美歌
20180407tokusan.MP3
MP3 オーディオファイル 1.3 MB

 

 

 

 

 

 

 

 

礼拝説教
柳 鍾鉉牧師

「主のご再臨に 備えよう」

(40分15秒)

説教前半(19:09)
20180407sermon1.MP3
MP3 オーディオファイル 6.6 MB
説教後半(21:06)
20180407sermon2.MP3
MP3 オーディオファイル 7.3 MB

閉会の讃美歌 希望の讃美歌 423番
(つの笛を吹き鳴らせ)
祈祷 柳 鍾鉉牧師

礼拝後半
20180407reihai2.MP3
MP3 オーディオファイル 1.9 MB

<引用聖句、文章>


ルカによる福音書 21章20〜28節
エルサレムが軍隊に包囲されるのを見たならば、そのときは、その滅亡が近づいたとさとりなさい。そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。市中にいる者は、そこから出て行くがよい。また、いなかにいる者は市内にはいってはいけない。それは、聖書にしるされたすべての事が実現する刑罰の日であるからだ。その日には、身重の女と乳飲み子をもつ女とは、不幸である。地上には大きな苦難があり、この民にはみ怒りが臨み、彼らはつるぎの刃に倒れ、また捕えられて諸国へ引きゆかれるであろう。そしてエルサレムは、異邦人の時期が満ちるまで、彼らに踏みにじられているであろう。また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。これらの事が起りはじめたら、身を起し頭をもたげなさい。あなたがたの救が近づいているのだから」。

アモス書 3章7節
まことに主なる神は/そのしもべである預言者にその隠れた事を/示さないでは、何事をもなされない。

ルカによる福音書 21章 20節
エルサレムが軍隊に包囲されるのを見たならば、そのときは、その滅亡が近づいたとさとりなさい。

『各時代の大争闘』上巻 第1章 11ページ
神殿の壮麗さを増すために、財宝と労力と建築上の技術とが、40年以上にわたって注ぎこみこまれていた。ヘロデ大王も、ローマとユダヤ両国の財宝を惜しみなく費やし、ローマ皇帝さえも贈り物をささげて神殿を壮麗にした。信じられないような巨大な白い大理石が、この目的のためにローマから回送され、建物の一部に用いられた。

『各時代の大争闘』上巻 第1章 19ページ
ティトゥスがふたたび包囲したとき、エルサレムに起こった災難は悲惨なものであった。都の包囲は、城内に幾百万のユダヤ人が集まっていた過越の祭りのときに起こった。注意深く保存すれば、数年は住民を養うことができたはずの食料の蓄えは、相争う党派のしっとやふくしゅうのためにすでになくなり、人々は今や飢餓の恐怖にさらされていた。小麦一升の価は一タラントであった。人々は、非常な飢えのために、帯皮やサンダル、また盾のおおいをかんだりした。・・・無数の者が、飢えと病気で倒れた。人間本来の自然な愛情は失われてしまったように思われた。夫は妻から、妻は夫から奪った。子供は、老いた親の口から食物をもぎ取った。

『各時代の大争闘』上巻 第1章 25ページ
しかし、エルサレムに下った刑罰に関する救い主の預言は、もう一つの成就を見なければならない。あの恐ろしいエルサレム滅亡も、そのできごとのほんのかすかな影にしかすぎないのである。すなわち、われわれは、選ばれた都の滅亡のなかに、神のあわれみを拒み、神の律法をふみにじってきた世界の運命を見るのである。

コリント人への第一の手紙 3章16節
あなたがたは神の宮であって、神の御霊が自分のうちに宿っていることを知らないのか。

ヨハネの黙示録 13章17節
この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。

ヨハネの黙示録 12章17節
龍は、女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために、出て行った。

エペソの信徒への手紙 6章10〜18節
最後に言う。主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、平和の福音の備えを足にはき、その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。また、救のかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち、神の言を取りなさい。絶えず祈と願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。

〈瞑想の言葉〉『各時代の希望』下巻 69章105頁 
世のすべてのものが激動している。時のしるしは険悪な兆候を示している。きたるべき事件が影を前方に投げている。神のみたまは地から引き上げつつあり、海と陸に次々と災害が起こっている。嵐、地震、火事、洪水、あらゆる種類の殺人が起こっている。だれが将来を読むことができよう。どこに安全があるだろう。人についても、この世についても保証は何もない。人々は自分が選んだ旗の下に急いで参加している。落ち着かないで彼らは自分たちの指導者たちの動きを待ち、見守っている。主の現われを待ち、見守り、そのために働いている人たちがいる。もう一方の種類の人たちは最初の大背信者の統率下に参加している。避けるべき地獄と獲得すべき天国とがあることを全身全霊から信じている人は少ない。

テッド・ウィルソン世界総理特別講演会の動画はこちら

(22分52秒から講演会が

始まります)

 

セブンスデー・アドベンチスト大阪センター教会は、土曜日を聖日とする、プロテスタントの教会です。皆様を心から歓迎申しあげます。

 

 ↓(クリックで画像が拡大)

〒530-0043 

大阪市北区天満2-2-10-201

TEL (06)6351-8577

 

お車でお越しになられる方は

周辺のパーキングをご利用ください。

 

*アクセス

*集会案内

*結婚式

希望の言葉「聖書」を学んでみませんか?

だれもがいろいろな不安を抱えて生きています。でも、きっとどこかに「希望」があるはずです。一緒に答えを探してみませんか。歴史を通じて人々に「希望」を与え続けてきた書物、聖書をぜひ学んでみましょう。

●Web聖書講座

(受講料、テキスト代はすべて無料!)

聖書の教えがよくわかる

入門講座(1課~12課)

聖書を初めて開く方でも、手軽に学べる初心者向けの講座です。

もうひとつの必要

入門講座2(1課~12課)

2009年発行の初心者向けの講座です。

基礎講座(1課~15課)

入門講座を終えた方や、詳しく学びたい方のための講座です。

ストラクル預言講座(1~24課)

歴史や預言から聖書が学べる講座です。

※「ストラクル預言講座」Web版は、アメリカのAMAZING FACTSが運営するサイトでの受講になります。そのため、日本の VOPバイブルスクールからは修了証書の発行は行っておりません。ご了承ください。