大いなる喜び

 

 

 

 

 

 

聖書朗読
ヘブル人への手紙13章20節、21節
頌栄    希望の讃美歌1番
前祷  青木泰樹牧師
開会の讃美歌 希望の讃美歌6番
(よろずのもの)
祈祷 矢野美子長老

礼拝1
礼拝1 28日.mp3
MP3 オーディオファイル 3.1 MB

 

 

 

 

 

 

 特別讃美歌

特別讃美歌
特別讃美歌28日.mp3
MP3 オーディオファイル 1.2 MB

 

 

 

 

 

 

 説教  青木泰樹牧師
「大いなる喜び」
(44分38秒)

説教1(22:19)
説教1 28日.mp3
MP3 オーディオファイル 7.7 MB
説教2(22:19)
説教2 28日.mp3
MP3 オーディオファイル 7.7 MB

閉会の讃美歌 希望の讃美歌264番
(望みも消えゆくまでに)
終祷 青木泰樹牧師

礼拝2
礼拝2 28日.mp3
MP3 オーディオファイル 1.9 MB

<引用聖句、文章>

ヨナ書4章3節
主よどうか今、わたしの命を取ってください。生きているよりも死ぬ方がましです。


ヨナ書4章 4節
主は言われた。「お前は怒るが、それは正しいことか。」

申命記4章 40節
今日、わたしが命じる主の掟と戒めを守りなさい。そうすれば、あなたもあなたに続く子孫も幸いを得、あなたの神、主がとこしえに与えられる土地で長く生きる。

ヨナ書4章 5節
そこで、ヨナは都を出て東の方に座り込んだ。そして、そこに小屋を建て、日射しを避けてその中に座り、都に何が起こるかを見届けようとした。

レビ記 23章 42節
あなたたちは七日の間、仮庵に住まねばならない。イスラエルの土地に生まれた者はすべて仮庵に住まねばならない。43節これは、わたしがイスラエルの人々をエジプトの国から導き出したとき、彼らを仮庵に住まわせたことを、あなたたちの代々の人々が知るためである。わたしはあなたたちの神、主である。


ネヘミヤ記8章 17節
こうして捕囚の地から帰った人々から成る会衆は、皆で仮庵を作り、そこで過ごした。ヌンの子ヨシュアの時代からこの日まで、イスラエルの人々がこのような祝いを行ったことはなかった。それは、まことに大きな喜びの祝いであった。

詩編31編 20節
御恵みはいかに豊かなことでしょう。あなたを畏れる人のためにそれを蓄え人の子らの目の前であなたに身を寄せる人に、お与えになります

ヨナ書4章 6節
すると、主なる神は彼の苦痛を救うため、とうごまの木に命じて芽を出させられた。とうごまの木は伸びてヨナよりも丈が高くなり、頭の上に陰をつくったので、ヨナの不満は消え、このとうごまの木を大いに喜んだ。

ヨナ書4章6節(新改訳)
神である【主】は一本のとうごまを備え、それをヨナの上をおおうように生えさせ、彼の頭の上の陰として、ヨナの不きげんを直そうとされた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。

ヘブライ人への手紙 13章 20節
永遠の契約の血による羊の大牧者、わたしたちの主イエスを、死者の中から引き上げられた平和の神が、21節御心に適うことをイエス・キリストによってわたしたちにしてくださり、御心を行うために、すべての良いものをあなたがたに備えてくださるように。栄光が世々限りなくキリストにありますように、アーメン。

 

セブンスデー・アドベンチスト大阪センター教会は、土曜日を聖日とする、プロテスタントの教会です。皆様を心から歓迎申しあげます。

 

 ↓(クリックで画像が拡大)

〒530-0043 

大阪市北区天満2-2-10-201

TEL (06)6351-8577

 

お車でお越しになられる方は

周辺のパーキングをご利用ください。

 

*アクセス

*集会案内

*結婚式

希望の言葉「聖書」を学んでみませんか?

だれもがいろいろな不安を抱えて生きています。でも、きっとどこかに「希望」があるはずです。一緒に答えを探してみませんか。歴史を通じて人々に「希望」を与え続けてきた書物、聖書をぜひ学んでみましょう。

●Web聖書講座

(受講料、テキスト代はすべて無料!)

聖書の教えがよくわかる

入門講座(1課~12課)

聖書を初めて開く方でも、手軽に学べる初心者向けの講座です。

もうひとつの必要

入門講座2(1課~12課)

2009年発行の初心者向けの講座です。

基礎講座(1課~15課)

入門講座を終えた方や、詳しく学びたい方のための講座です。

ストラクル預言講座(1~24課)

歴史や預言から聖書が学べる講座です。

※「ストラクル預言講座」Web版は、アメリカのAMAZING FACTSが運営するサイトでの受講になります。そのため、日本の VOPバイブルスクールからは修了証書の発行は行っておりません。ご了承ください。