狭い門から

聖書朗読          マタイによる福音書 7:13,14
頌栄        希望の讃美歌 1番
前祷        説教者
讃美歌      希望の讃美歌 13番
祈祷
献金                 信徒子弟奨学金献金

子どものお話
特別讃美歌       トーンチャイム

礼拝前半
20121013reihai1.mp3
MP3 オーディオファイル 6.4 MB

説教        浦島靖成
           「狭い門から」(34分27秒)

説教前半(17:05)
20121013sermon1.mp3
MP3 オーディオファイル 3.9 MB
説教後半(17:22)
20121013sermon2.mp3
MP3 オーディオファイル 4.0 MB

讃美歌       希望の讃美歌 363番
祈祷        説教者

礼拝後半
20121013reihai2.mp3
MP3 オーディオファイル 1.1 MB

<引用聖句、文章>

 

マタイによる福音書7章 13節
「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。14節 しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」 


マタイによる福音書  7章 17節
すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。18節良い木が悪い実を結ぶことはなく、また、悪い木が良い実を結ぶこともできない。19節 良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。 


マタイによる福音書  7章 21節
「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。22節かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。23節 そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」 

 

マタイによる福音書  25章 44節
すると、彼らも答える。『主よ、いつわたしたちは、あなたが飢えたり、渇いたり、旅をしたり、裸であったり、病気であったり、牢におられたりするのを見て、お世話をしなかったでしょうか。』 

 

マタイによる福音書  25章 37節
すると、正しい人たちが王に答える。『主よ、いつわたしたちは、飢えておられるのを見て食べ物を差し上げ、のどが渇いておられるのを見て飲み物を差し上げたでしょうか。 

 

マタイによる福音書 25章 40節
そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』 

 

マルコによる福音書  8章 34節
それから、群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。35節 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。 

 

ヨハネの手紙一 3章 16節
イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです。 

 

マルコによる福音書  8章 34節
それから、群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。35節 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。 

 

出エジプト記  32章 30節
翌日になって、モーセは民に言った。「お前たちは大きな罪を犯した。今、わたしは主のもとに上って行く。あるいは、お前たちの罪のために贖いができるかもしれない。」 31節モーセは主のもとに戻って言った。「ああ、この民は大きな罪を犯し、金の神を造りました。 32節 今、もしもあなたが彼らの罪をお赦しくださるのであれば……。もし、それがかなわなければ、どうかこのわたしをあなたが書き記された書の中から消し去ってください。」 

 

ローマの信徒への手紙  9章 3節
わたし自身、兄弟たち、つまり肉による同胞のためならば、キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよいとさえ思っています。 

 

マルコによる福音書  8章 34節
それから、群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。35節 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。 

 

マタイによる福音書  25章 40節
そこで、王は答える。『はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。』 

 

ペトロの手紙一 2章 21節
あなたがたが召されたのはこのためです。というのは、キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。


「おのれを忘れて他人のために働く精神は、その人の性格に深さと落ち着き、キリストのようなうるわしさを加え平和と幸福をもたらします。かれの抱負は高められ、怠惰とか利己心の余地はなくなります。こうして、クリスチャンの美徳を実行する人は成長し強くなり、神のために働きます。 ・・・このように、他人の益のためにわれを忘れて働く者は、必ず自分の救いを全うするのであります」。E・G・ホワイト『キリストへの道』101ページ

 

セブンスデー・アドベンチスト大阪センター教会は、土曜日を聖日とする、プロテスタントの教会です。皆様を心から歓迎申しあげます。

 

 ↓(クリックで画像が拡大)

〒530-0043 

大阪市北区天満2-2-10-201

TEL (06)6351-8577

 

お車でお越しになられる方は

周辺のパーキングをご利用ください。

 

*アクセス

*集会案内

*結婚式

希望の言葉「聖書」を学んでみませんか?

だれもがいろいろな不安を抱えて生きています。でも、きっとどこかに「希望」があるはずです。一緒に答えを探してみませんか。歴史を通じて人々に「希望」を与え続けてきた書物、聖書をぜひ学んでみましょう。

●Web聖書講座

(受講料、テキスト代はすべて無料!)

聖書の教えがよくわかる

入門講座(1課~12課)

聖書を初めて開く方でも、手軽に学べる初心者向けの講座です。

もうひとつの必要

入門講座2(1課~12課)

2009年発行の初心者向けの講座です。

基礎講座(1課~15課)

入門講座を終えた方や、詳しく学びたい方のための講座です。

ストラクル預言講座(1~24課)

歴史や預言から聖書が学べる講座です。

※「ストラクル預言講座」Web版は、アメリカのAMAZING FACTSが運営するサイトでの受講になります。そのため、日本の VOPバイブルスクールからは修了証書の発行は行っておりません。ご了承ください。