教会史

 

1956年11月 大阪中央教会を組織化

 

1959年10月 旧大阪センター教会を大阪市東区谷町1-40-1 に建設

敷地面積354.9平方メートル、鉄筋コンクリート造3階建

礼拝、集会、英語学校、青年の集いを目的とした多目的伝道センターであった。

聖書講演会を積極的におこない、青年会活動・文化教室が盛んになる。

 

1966年 教会内に英語学校開設

 

1970年 大阪万国博覧会開催で、英語学校は最盛期を迎える

英語学校の行う無料バイブルクラスを通して聖書に関心を持ち、信仰に導かれた青年が教会に増える。

健康講演会、伝道講演会を年に数回行い、教会員数が増えていく。

 

1988年 老朽のため修理が不可能となり、土地を売却 

 

 

1990年10月 現大阪センター教会を現在地に建設~現在

 

大都市に位置する当教会は、安息日の礼拝を数々の聖書講演会、健康講演会、音楽会を行い地域住民をはじめ、多くの方を教会へお招きしている。また数多くのカップルが礼拝堂にて結婚式を挙げられた。

 

現教会設立以来、パイプオルガンコンサート、クリスマスコンサート等、開催し続けてきた音楽会は 25回以上であり4000人を超えるお客様を迎えることができた。音楽会を通して、礼拝、聖書講演会、聖書研究などを希望される方々が与えられている。

 

また近年は、来日・長期滞在中の外国人クリスチャンが増加傾向にあり、国際部の活動が盛んである。毎週40人以上が集まり、英語で礼拝を行っている。

 

教会に集う外国人の多くは日本での生活経験があり、日本語でのコミュニケーションもほぼ支障がないので、日本の教会と外国人のコミュニケーションが親密になり、互いに活性化されていく可能性に期待を寄せている。